誰に対して慰謝料を請求できるのか

夫や妻が不倫をした場合、誰に対して慰謝料を請求するかということを考える必要があります。不倫相手に対して慰謝料請求をする方が比較的多いですが、あわせて配偶者にも慰謝料を請求する必要があるのか、また二人に慰謝料を請求した場合には一人に対してのみ慰謝料請求する場合と手続上違いがあるのか、などといった点について解説します。

 

不倫慰謝料請求は誰にできるか

不倫をされた場合、不倫をした配偶者とその不倫相手に対して慰謝料請求ができます。不倫というのは、法的に見ると不倫をした2人が共同で不法行為をしたということになります。これは、配偶者と不倫相手の両方が責任を負うということです。

 

不倫をした一方にのみ慰謝料請求できるか

少し難しい話になりますが、法律上は、不倫をした配偶者と不倫相手の2人は不倫をされた方に対して不倫慰謝料全額の支払い義務を連帯して負うことになります。したがって不倫をした一方に対して、不倫慰謝料の全額を請求することも可能です。

一方にのみ請求する場合であっても、2人に請求する慰謝料額の半分などということにはならず、2人に請求した場合に認められる全額を1人に請求できるという点がポイントです。ただし、一方にのみ請求した場合に注意しなければならないのが求償権という概念です。

例えば、不倫をされた配偶者が不倫相手にのみ不倫慰謝料全額の請求をし、200万円の慰謝料が認められたとします。この場合、200万円全額を支払った不倫相手は、不倫をした配偶者に対して、負担割合に応じて慰謝料の一部の負担を求めることができるのです。このような権利を求償権といいます。

200万円について、不倫をした配偶者と不倫相手の負担割合が2分の1ずつとなった場合には、200万円全額を支払った不倫相手は配偶者に対して100万円を請求することができるのです。

不倫によって離婚を選択しない場合には、不倫相手から慰謝料の一部を求償されると結局は家計からその分を負担することになりますので、注意が必要です。このため、示談で解決する場合には、不倫相手から不倫をした配偶者に対して求償をしないように約束してもらうことが一般的です。

 

不倫相手の親などに慰謝料を請求できるか

不倫相手にお金がない場合や誠実な対応が期待できない場合に、相手の親に対して不倫慰謝料の請求ができないか考える方もいらっしゃいます。しかし、不倫に関してはあくまでも責任を問われるのは本人のみであり、親であっても不倫とは関係がないため慰謝料を請求することはできません。ただし、不倫相手が未成年である場合には、親を本人の代理人として交渉をすることはあります。

 

不倫相手に慰謝料を請求できない場合

不倫の事実がある限り、不倫慰謝料請求自体はできます。ただし、注意しなければならないこととして、不倫をした配偶者が離婚などに伴い慰謝料に相当する分を全額支払い済みである場合には、これを超えて不倫相手に慰謝料を請求することはできません。

上で述べたように、不倫慰謝料は全額について不倫をした2人のうち1人が支払うことができます。このため、1人が全額支払ったと評価される場合には、もう1人に対して追加で請求することができないのです。

 

誰に不倫慰謝料を請求するかは相談を

誰に不倫慰謝料を請求するかは、本人が離婚を望むかということにも関わる難しい問題です。不倫が発覚したばかりの段階では、ショックを受けていることもあり、適切な判断ができないおそれもあります。このため、誰にどのような請求をすべきか悩む場合には、弁護士に相談することをおすすめします。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー