貞操権侵害で慰謝料請求するための証拠について

相手が独身だと思っていたら既婚者だったという場合、貞操権侵害として相手に慰謝料請求ができることがあります。ただ、貞操権侵害による慰謝料請求をする場合には、基本的に請求する側が主張を裏付ける証拠を用意する必要があります。そこで、相手に貞操権侵害として慰謝料請求をしたい方が用意すべき証拠について解説します。

 

貞操権侵害を主張するための要件

貞操権侵害による慰謝料請求をするための証拠を用意するにあたっては、そもそも貞操権侵害を主張するための要件を知っておく必要があります。ポイントとなるのは、次の点です。

  • 相手が独身だと信じたことがやむを得ない事情があるか
  • 相手と結婚を前提に交際していたか
  • 相手と性的関係を持ったか

これらの事実を裏付ける証拠を用意することが重要となります。具体的に、どのようなものが証拠となり得るかを次に説明します。

 

貞操権侵害による慰謝料請求に必要な証拠

貞操権侵害による慰謝料請求をする場合には、以下のような証拠を自分で集めておく必要があります。証拠を集める際に、相手に慰謝料請求を予定していることに気付かれると証拠収集が難しくなることがありますので注意が必要です。

 

相手が独身だと信じたことの証拠

もっとも重要なのは、相手が独身だと信じたとしてもやむを得ないといえるような証拠です。例えば、次のようなものが証拠として想定されます。

  • 「結婚したい」「婚活中」など相手が独身であることを前提としたSNS、LINE等のメッセージ内のやりとり
  • 婚活アプリ、結婚相談所等の相手のプロフィール
  • 相手の知人などに「婚約者」などとして紹介されていたことがわかるメッセージ等のやりとり

 

結婚を前提とした交際であった証拠

結婚を前提とした交際であった証拠は、上の相手が独身と信じたことの証拠と重なるものが多いです。上で挙げた証拠のほかには、次のようなものがあります。

  • 相手から来た「結婚したい」などというメッセージや音声の録音
  • 結婚式場の下見や予約をしていたことを示す資料
  • 親に結婚を前提として紹介した際の写真など
  • 結婚後の家探しなどをしていたことを示す資料

 

相手と性的関係を持ったことの証拠

性的関係を持ったことを直接証明することは難しいですが、性的関係を強く推認させる証拠として次のようなものがあります。

  • ホテルや旅館に宿泊した場合の明細書、写真、相手とのメッセージのやりとり
  • 性的関係を匂わせる相手とのメッセージ
  • 妊娠した場合の産婦人科での受診記録、エコー写真、診断書、医療費明細書など

 

どのような証拠が必要かは弁護士に相談を

実際にどのような証拠が利用できるかは、個々のケースによって変わってきます。上で説明した内容はあくまでも一般論ですので、証拠がないと思っていたけど意外なものが証拠として利用できたということもあり得ます。

相手に貞操権侵害として慰謝料請求をしたい意思が固い場合には、早めに弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に正式に手続きを依頼いただいた後は、いつでも弁護士が無料で助言をすることができます。

これから証拠集めをしようという段階でご依頼いただければ、相手に気付かれないように有利な証拠を集めるためのアドバイスもさせていただけますので、より有利に交渉を運ぶことが可能となります。

当事務所では、女性弁護士が親身に対応します。貞操権侵害については、なかなか周囲に相談しにくいこともあるかと思います。弁護士は相談の秘密を必ず守りますので、是非お気軽にご相談いただければと思います。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー