貞操権侵害の慰謝料請求の流れ

既婚者に独身であると嘘を言われて交際していた場合、貞操権侵害として相手に慰謝料請求をすることができます。貞操権侵害に関しては、被害者が泣き寝入りしてしまうことが多いのですが、れっきとした性被害です。交際に費やした時間は戻らないとしても、その分をきちんと慰謝料という形で相手に償ってもらうことで、気持ちに整理をつけるきっかけとなります。ここでは、貞操権侵害により慰謝料請求をする際の、実際の流れについて説明します。

 

貞操権侵害の慰謝料請求の流れ

貞操権侵害として相手に慰謝料請求をする場合の流れは次のとおりです。

 

1. 相手に慰謝料請求の通知書を送付する

貞操権侵害による慰謝料請求のための前提となる証拠等を集めたら、相手に慰謝料請求をする旨の通知書を送ります。通常は、内容証明郵便で送ることになります。弁護士の名前で通知書を送りますので、相手にきちんと対応しなければならないというプレッシャーをかけることができます。

貞操権侵害の慰謝料請求の流れ

2. 相手と交渉を進める

相手が通知書の内容を見て、弁護士にコンタクトを取ってきたらそこから交渉が始まります。交渉では事前に決定した方針に基づき、可能な限り本人に有利となるよう交渉を行います。弁護士にご依頼いただいている場合には、相手の出方をご本人と共有し、交渉方針のすり合わせも丁寧に行います。

貞操権侵害の慰謝料請求の流れ

3. 相手と合意書を締結する

交渉を重ねることで相手と合意に達した場合には、必ず合意書を作成します。慰謝料の支払いが分割となる場合や合意書作成の後になる場合には、公正証書の形式で合意書を作成することをおすすめします(ただし、公証役場に支払う手数料が発生します)。

公正証書にした場合、相手が合意書で定めたとおりに支払いをしなければただちに相手の給与や預貯金の差押えをすることができます。仮に、公正証書ではない合意書だった場合、相手が支払いをしなかったら改めて裁判を起こして判決を取らないと差押えができませんので慰謝料を確実に受け取るという点で公正証書とすることは非常に大きなメリットがあります。

貞操権侵害の慰謝料請求の流れ

4. 交渉が決裂したら裁判等を行う

交渉を重ねても平行線である場合や、そもそも相手が交渉に応じてこない場合には、すぐに裁判を起こした方がよいことがあります。交渉を進める中で、弁護士が裁判を起こした方がご本人にとってメリットが大きいと感じた場合には、そのように提案させていただくことがあります。

弁護士に依頼するメリットは、示談交渉が決裂したらすぐに裁判を起こせるということです。交渉でも、万が一裁判に移行した場合に不利とならないよう細心の注意を払って行います。

裁判を起こした場合には、相手が応じるか否かに関わらず必ず結論が出ます。裁判手続きは、法律に従って行われる厳格な手続きであるため弁護士にお任せください。月1回程度の頻度で裁判期日が行われ、約1年前後で決着することが一般的です。基本的には、裁判期日ごとにご依頼者様と打ち合わせをさせていただきながら進めることになります。

 

貞操権侵害の慰謝料請求を弁護士に依頼するタイミング

貞操権侵害に関しては、本人が請求しても相手が逃げてしまうことや誠実に対応してもらえないことが比較的多いといえます。これは、一時は恋愛関係にあったということに加え、騙した側は既婚者であり家族にバレることを恐れるせいもあるでしょう。

貞操権侵害として相手と戦いたい場合には、弁護士に依頼することをおすすめします。相手としては、被害者本人が相手なら逃げてしまえばうやむやにできると考えがちです。しかし、弁護士が出てきた以上は、ご本人が本気であり逃げれば裁判を起こされるリスクがあると感じるため、ご本人が直接請求するよりも交渉に応じてくる可能性が高まるのです。

貞操権侵害について、どのタイミングで弁護士に相談すべきか悩まれるかもしれません。ベストな相談タイミングは、相手が既婚であると判明して被害者本人が慰謝料請求を検討し始めたらすぐです。なぜかというと、相手が慰謝料請求の動きに気付く前に証拠を集める必要があるためです。

裁判でなく交渉で解決する場合であっても、相手に対してある程度証拠があることを示すことが有利な条件を引き出すためには重要となります。相手としては、証拠を持っているなら裁判で戦っても不利になると判断するため、交渉での解決に応じやすくなるためです。

また、早いタイミングで弁護士に正式に手続きをご依頼いただいた場合、ご依頼の時点から相談料は無料となります。このため、相手に対して正式に慰謝料請求をするまでの間にどのような証拠を収集すればよいかを逐一アドバイスすることも可能となり、より適切に準備を進めることができるようになります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー