貞操権侵害の慰謝料相場について

既婚者であることを隠されて交際したり性的関係を持った場合には、貞操権侵害として相手に慰謝料請求をすることができます。実際にどの程度の金額が認められるのかは気になるところだと思います。そこで、貞操権侵害の慰謝料の相場について説明します。

 

貞操権侵害とは

人は誰でも性的関係を持つか否かについて自分自身が決定する自由があります。これが貞操権と呼ばれるものです。交際相手から独身であると騙されて性的関係を持ったケースでは、既婚者であると知っていたなら応じなかったことがほとんどでしょう。この場合、意思決定の前提となる重要な事実を知らされなかったといえるため、貞操権侵害となります。

 

貞操権侵害の慰謝料相場

貞操権侵害の慰謝料として実際に裁判で認められる金額は、おおむね50万円から300万円程度です。もっとも多い金額は、100万円前後といえます。

裁判で認められる慰謝料の金額に開きがあるのは、個々のケースごとに事情が大きく異なるためです。例えば、慰謝料が高額になりやすい事情としては、騙した相手の態度が不誠実であったり悪質なものである場合、被害者が妊娠・出産や中絶手術をしている場合、被害者が低年齢であったり処女であった場合などです。

 

高額な慰謝料を獲得するために

貞操権侵害の被害にあった方は非常に大きなショックを受けていることが普通です。もちろんお金がすべてではないのですが、ある程度の慰謝料を相手に支払わせることで被害を受けた方も気持ちに踏ん切りがつくというのはよくあることです。このため、できるだけ高額な慰謝料請求を目指すことには一定の意味があります。

 

貞操権侵害に関する証拠

慰謝料が高額になる事情は既に説明した通りですが、実際に裁判所などで慰謝料の増額が認められるためには、これらの事情を証明する証拠が必要となります。交際当時は、慰謝料請求をすることなど考えていませんので、はっきりと証拠が残っていないこともあります。

それでも、過去の相手とのLINEなどのやりとりを探したり、友人などから証言を得るなど、あきらめずに方策を練ることが重要です。どのような証拠があれば、有利に交渉を進められるかは、弁護士にご相談ください。

 

交渉をスムーズに進めるためには弁護士に依頼

貞操権侵害については、本人が相手に慰謝料請求をすること自体は可能ですが、あまりスムーズに進まないことが多いようです。これは、過去に交際関係にあった間柄であることが関係していると思われます。相手も、一度は交際していたことの気安さなどから慰謝料請求を受けたとしても無視したり不誠実な態度をとることが比較的よくあります。

このような相手の態度によって、被害を受けた方は更に苦しめられることにもなりかねません。このとき、弁護士が間に相手と交渉することで、相手にきちんと対応するよう促すことが期待できます。弁護士が交渉の依頼を受けた場合、依頼者の味方として依頼者の気持ちを代弁して相手に伝えることができます。ご自身では上手く伝えられない気持ちも、弁護士に是非ご相談いただければと思います。

当事務所では、女性弁護士が親身にご相談に乗ります。異性には相談しにくいという女性のご相談者の方には安心してご相談いただけます。相談の秘密は厳守いたしますのでご安心くださいませ。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー