既婚ということを隠された方へ(貞操権侵害)

既婚ということを隠された方へ(貞操権侵害)相手が独身であると信じて交際していたのに実は既婚者だった、というケースは意外と身近にあります。知らなかったとはいえ既婚者と交際していた後ろめたさから、あまり周囲に話さないことが多いため、被害が明るみに出にくい特徴があります。

被害者も泣き寝入りしがちですが、これは立派な性被害です。騙した相手に慰謝料請求をすることもできます。慰謝料請求をすることで気持ちに整理が付き、ようやく前を向くことができたというケースもあります。ここでは、既婚であることを隠されて交際した場合の対処方法について説明します。

 

貞操権侵害とは

貞操権侵害とは独身だと騙されて性的関係を持った場合、既婚者と関係した後ろめたさもあって泣き寝入りしがちです。しかし、これは立派な性被害です。このような被害については「貞操権侵害」として、相手に慰謝料請求をすることができます。

人は誰でも性行為をするかどうかを決める権利があります。相手が本当は既婚であるのに独身と偽っていた場合、被害者は真実を知っていたなら性行為に及ばなかったことが通常でしょう。この場合、性行為をするかを決めるための前提となる情報を偽られた結果、誤った意思決定をさせられたことになります。このため、貞操権が侵害されたといえるのです。

 

貞操権侵害された場合の対処法

貞操権侵害された場合の対処法貞操権侵害を受けた場合には、だました相手に対して慰謝料請求をすることができます。慰謝料請求の流れとしては、まず示談交渉を持ち掛けて合意を目指します。もっとも、示談交渉がうまくいかない場合には、裁判を起こして請求をした方が良いこともあります。裁判となる場合には、相手から騙されたことを裏付ける資料を被害者側である程度用意する必要があります。

相手との交渉は、一度は恋愛関係にあった者同士なので、相手にうまく言いくるめられたり、相手との話し合いにストレスと感じて示談が進められない例が多くあります。このため、貞操権侵害の慰謝料請求に関しては、弁護士に依頼した方が早く話が進む可能性が高いといえます。

 

相手の配偶者から慰謝料請求を受けたら?

相手の配偶者から慰謝料請求を受けたら?相手の配偶者から不倫慰謝料請求を受けたとしても、独身だと騙されていたのなら慰謝料を支払う必要はありません。不倫慰謝料請求が認められるためには、不貞行為があったことに加えて、不貞となることを不倫相手が認識していたことが必要だからです。貞操権侵害の場合には、そもそも既婚者であることを知らなかったため、不貞行為をしていることの認識はありません。したがって、不倫慰謝料を支払う必要がありません。

もっとも、相手が既婚者であることを知らなかったことをある程度の証拠で示す必要があります。例えば、独身であることを相手がメッセージで送ってきている場合はそれを証拠とすることができます。ただ、明確な証拠が残っていないケースも多いため、相手の配偶者への対応は慎重に行う必要があります。このため、できれば弁護士に交渉を依頼した方が安心です。

 

女性弁護士が親身にお伺いします

女性弁護士が親身にお伺いします既婚者に独身であると嘘をつかれて性的関係を持ってしまった場合にはとても辛いことと思います。もっとも、泣き寝入りをすると、かえって長く引きずってしまうことも多いので、勇気を出して相手に慰謝料を請求してみてはいかがでしょうか。

女性弁護士が親身になって事情をお伺いし、相手と戦う場合には全面的に支援させていただきます。相談の秘密は必ず守りますので、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー