請求されていることを家族や配偶者に秘密にしたい

不倫(不貞)によって慰謝料請求を受けた場合、まっさきに気になるのが家族にバレないかということでしょう。特に、自分が既婚者であり今後も離婚を考えていないような場合には、不倫していたことを何とかして隠し通したいと考えるものです。

そこで、不倫慰謝料請求をきっかけに家族に不倫がバレるのはどのような場合か、また弁護士に依頼することで家族にバレるリスクをどの程度回避できるのかについて解説します。

 

不倫慰謝料請求が家族にバレる場合とは?

相手からの不倫慰謝料請求をきっかけに家族に不倫がバレる場合としては次のようなものがあります。

 

相手からの書面やメールを家族に見られる

不倫(不貞)がバレるきっかけとして比較的多いのが、不倫相手の配偶者からの書面やメールのやりとりを家族に見られるケースです。不倫慰謝料請求を受けると、受けた側もあせるため、ときとして行動が不審になりがちです。これにより家族が異変に気付き、行動を中止された結果、不倫慰謝料に関するやりとりを見られるようなこともあります。

また、相手に弁護士が付いている場合には弁護士名が付された封筒で書面が届くこともありますので家族に気付かれやすくなります。このほか、示談交渉がまとまらず相手が裁判を起こしてくると、裁判所の名前が書かれた封筒で訴状などが届くためやはり家族に気付かれやすくなります。

 

相手が家族や職場などに直接連絡をする

慰謝料請求をする配偶者の性格によっては、あえて不倫相手ではなく家族や職場に不倫をしている事実を告げることがあります。多くの場合、目的は不倫相手に誠実な対応を促すためであったり、嫌がらせであったりするようです。

このような家族や職場への連絡は、特に相手が弁護士に依頼せずに本人が直接交渉している場合に起こりがちです。相手が弁護士に依頼している場合は、弁護士が職場や家族への連絡は脅迫になるおそれがあるからしないように指示することが通常だからです。

したがって、相手が弁護士を立てていない場合には、家族や職場に連絡されないか十分に注意する必要があります。

 

弁護士に依頼することで不倫が家族にバレにくくなる理由

弁護士に依頼したからといって100%家族にバレないというものではありませんが、本人が相手と直接交渉する場合に比べるとバレるリスクは低くなります。これは、次のような理由があるためです。

 

相手からの連絡先が弁護士になる

弁護士に交渉を依頼する場合、依頼者への連絡窓口はすべて弁護士になります。具体的には、弁護士が依頼を受けて相手に対して書面を送る際には、連絡がある場合には依頼者ではなく弁護士宛てにするよう申し入れを行います。

 

家族や職場に連絡しないよう申し入れをする

相手が家族や職場に連絡する様子がある場合には、弁護士から相手に送る書面の中で「家族や職場に連絡しない」ことを明記して求めることもできます。たいていの相手方は、弁護士名でこのような書面を送ると、勝手に家族や職場に連絡するようなことは控えるものです。

また、弁護士を立てることによって、相手も有利に戦おうとして弁護士を立ててくることがあります。相手にも弁護士が付けば、上でも説明したように相手の弁護士から職場などへの連絡は控えるよう指導が入ることもあるため、家族や職場などへ連絡されるリスクはさらに低くなるといえます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー