「既婚」を隠されて交際した場合の慰謝料請求について

既婚者が独身であると偽って、性交渉を持ち掛けることがあります。理由は簡単で、既婚者であると言ってしまえば、交際に応じてもらえないと考えるためです。上手く交際に持ち込むと今度は、既婚者であることを言い出せないままズルズルと付き合いを続ける事例が目立ちます。そのまま、既婚であるにもかかわらず結婚式まで挙げてしまったケースすらあるのです。

しかし、騙された側としては、これは当然ながら許せないものです。そこで、既婚であることを隠して交際を持ち掛けられ、騙されて性交渉に応じてしまった場合、相手に慰謝料請求できるかを説明します。

 

貞操権侵害による慰謝料請求

本当は結婚しているのに、既婚であることを隠して交際を申し込まれる事例があります。特に、騙されて性交渉に及んでしまった場合、深く傷つくことは当然です。交際相手が独身だと思ったから交際をしたのであり、既婚であると騙されて性行為をしてしまうのは、本人が性行為をするか否かを決める大切な権利を侵害されたことになります。

このような被害は、「貞操権侵害」として騙した相手に慰謝料を請求することができます。性的な意思決定をすることは、非常に重要な権利です。この意思決定の前提となる重要な情報を偽られることにより、適切な意思決定を阻害したことは慰謝料請求の対象となります。

 

貞操権侵害としてよくあるケース

貞操権侵害でよくあるケースは、婚活アプリや婚活パーティなど相手の素性がわからない場面での出会いです。独身であるかは、役所で独身証明を貰うことで証明することができます。しかし、わざわざ相手にこのような証明を貰うとのは気が引けるのが普通です。このため、相手が独身であるか既婚であるかを確認できないまま、交際に至ってしまうことになります。

相手が既婚であるかは、このように意外とわからないものです。騙されていたことが発覚する理由として一番多いのは、相手の配偶者が不倫に気付き慰謝料請求をしてくることです。

このほか、土日には何故か会ってくれない、自宅に入れてくれない、結婚の話をしてもはぐらかす、結婚式をしたにもかかわらず入籍をしてくれないといった相手の不自然な態度から調査をして気が付くこともあります。

 

貞操権侵害で慰謝料請求をする場合は弁護士に相談を

貞操権侵害の場合、既婚者と性的関係を持ってしまったことに後ろめたさを感じて被害が表に出ないことがよくあります。このため、貞操権侵害は意外と身近で起きているにもかかわらず、被害を受けた方はどのように対処していいのか情報が少ないことがよくあります。

周囲にも相談しにくい内容であることが多いので、貞操権侵害の被害を受けた場合には、まずは守秘義務を負っている弁護士に相談してみることをおすすめします。当事務所では、女性弁護士が相談に対応します。貞操権侵害に関しては弁護士であっても異性には言いにくい内容が結構あることと思いますので、是非お気軽にご相談ください。

また、実際に貞操権侵害により慰謝料請求をする場合にも、基本的には弁護士に交渉を依頼した方がよいことが多いでしょう。なぜかというと、貞操権侵害の場合には一応は恋愛関係にあった間柄のため、だました相手が上手く言いくるめることが多いためです。

このため、きっぱりと相手との関係を断って、きっちり慰謝料を請求して気持ちに区切りを付けたいという場合には、相手と会わずにすべての手続を進めるため弁護士に依頼することをおすすめしています。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー