既婚を隠されていたのに相手の配偶者から慰謝料を請求された方へ

既婚者であると騙されて交際していた場合、相手の配偶者から不倫であるとして慰謝料請求を受けることがあります。不倫慰謝料請求を受けたことがきっかけで、相手が既婚者であったことを知ることもあります。慰謝料請求をされた本人としては、そんなつもりではなかったのに不倫であると責められた上に、相手から騙されたことを知り二重のショックを受けます。そこで、相手の配偶者から不倫慰謝料請求を受けた場合の対応について解説します。

 

既婚を隠された場合は慰謝料を払うべきか?

既婚であることを隠されたり騙されて交際していた場合の、慰謝料支払い義務の考え方と用意すべき証拠について説明します。

 

不倫慰謝料を支払う必要はない

不倫(不貞)によって慰謝料が発生するのは、交際相手と性的関係を持っていた場合です。したがって、交際はしていたもののプラトニックな関係であればそもそも不倫慰謝料の対象ではありません。

また、性的関係を持っていたとしても、不倫慰謝料の支払い義務が発生するためには、相手が既婚であることを認識していたことが必要です。したがって、相手から既婚であることを隠されたり騙されて交際していた場合には、不倫慰謝料を支払う義務はありません。

 

慰謝料支払い義務のないことを書面に残す

相手の配偶者に対しては、独身であると騙されていたことを説明し、慰謝料の支払い義務がないことを確約してもらう必要があります。

このとき、単に慰謝料請求を取り下げてもらうだけでなく、慰謝料支払い義務がないことを書面に残してもらうことがベストです。書面に残していないと、後から紛争を蒸し返されるリスクがあるためです。

 

交渉に必要となる証拠

既婚であると知らずに交際していたとの交渉をする際には、騙されたと主張する側は、「既婚であると本当に知らなかったのかもしれない」と相手が思えるような証拠を用意する必要があります。証拠はLINEやメールのメッセージなどでも問題ありません。

反対に、何も証拠となるべきものがないとすると交渉は難航する可能性があります。このため、少しでも手掛かりになりそうなもの(例えば、普通に考えて既婚であればしないようなやりとりや、結婚式場の下見など)があれば、必ず資料やデータの保存をしておくことをおすすめします。

 

相手に対する貞操権侵害による慰謝料請求

そもそも、相手から既婚であることを隠されたり騙されていた場合には、交際相手に対して貞操権侵害に基づく慰謝料請求をすることができます。既婚であると知っていたら交際しなかったというのであれば、相手が既婚であると騙したことは性的関係を持つかどうかの重要な意思決定を阻害したといえるためです。貞操権というのは、性的交渉を持つか否かを本人が決定する重要な権利です。

 

慰謝料請求に対して早期に弁護士に相談を

不倫慰謝料請求を受けた場合、早期に対応することが重要です。対応が遅い場合、相手から不誠実であるとみなされて解決が困難になることもありますし、いきなり裁判を起こされるリスクもあるからです。

弁護士に交渉をご依頼いただいた場合、相手から既婚者であることを隠されていたり、騙されていたという場合には、その点を主張して慰謝料をゼロとすることを目標にします。

不倫慰謝料請求をする配偶者の側は、不倫であるとの先入観を持っていますので、これを覆すのはそれほど簡単な交渉ではありません。請求を受けている側も知らなかったとはいえ、既婚者と交際していたとの後ろめたさから強気で交渉しにくいことも多いようです。

このため、相手との交渉に関しては、基本的に弁護士に代行を依頼した方が早期に解決できる傾向です。

当事務所では、貞操権侵害による慰謝料請求と不倫慰謝料請求への対応を一括してお受けすることが可能です。特に貞操権侵害に関しては異性に話しにくいセンシティブな内容となることが多いため、当事務所では女性弁護士が親身にご相談させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー