慰謝料の相場について

夫や妻が不倫(不貞)や浮気をして慰謝料を請求したい場合には、具体的な金額を決めて請求する必要があります。とはいえ、実際にどの程度の金額を請求するかは難しい問題です。相場より低い金額で請求してしまうと後から請求額を増やすことは難しいですし、かといって相場からかけ離れた高額の慰謝料請求をすると相手から無視されるリスクが高まります。そこで、不倫や浮気の慰謝料請求における相場や請求額の決め方について解説します。

 

不倫や不貞による慰謝料の相場

不倫や不貞による慰謝料については、裁判例をみると相場がわかります。裁判で認められる不倫慰謝料の金額は、100万円弱から300万円程度となることが多いようです。不倫に関しては、例えば不倫の期間や回数など、不倫慰謝料の金額の増減につながる個別の事情がたくさんあります。

このため、一言で不倫(不貞)といっても、実際に裁判所で認められる慰謝料額には幅があります。慰謝料額を決める上で特に重要であると考えられているのは、不倫(不貞)が原因で夫婦が離婚したかという点です。

不倫があったとしても離婚せずに夫婦関係が一応修復しているような場合には、不倫の悪質性がそれほど高くないと評価されることとなり、慰謝料額は低額となる傾向です。不倫により離婚をしていない場合の慰謝料額は、100万円以下となることもあります。

他方、不倫により夫婦関係が破綻し離婚に至ったような場合には、慰謝料額は大きく増額される傾向です。不倫関係の内容によっても異なりますが200万円前後となることが多いといえます。

 

請求する不倫慰謝料額の決め方

実際に不倫をされた方が不倫をした夫や妻、不倫相手に対して慰謝料を請求する場合には請求する側が請求額を決めて請求をする必要があります。

 

相場より少ない不倫慰謝料を請求した場合のリスク

相場より少ない金額の慰謝料請求をした場合、基本的にはそれ以上の請求を後からすることは難しくなります。相手からすると、最初に請求された金額をベースにして交渉にのぞむことになるためです。

したがって、慰謝料の増額に至る事情(例えば、不倫相手との間に子供がいたなど)が後から発覚したなど例外的な場合でない限り、相場より少ない不倫慰謝料請求をすると、本来得られたはずのお金を失う可能性があります。

このため、請求額を決めるにあたっては、相場より若干高額な金額とすることが比較的よくみられます。

 

相場より高い不倫慰謝料を請求した場合のリスク

不倫慰謝料請求をする側としては、相場より高い金額を請求したいと考えることの方が多いでしょう。例えば、1000万円を超える慰謝料など相場より高い不倫慰謝料の請求をした場合には、交渉の余地がないと考えて相手が交渉に応じずに請求を無視するリスクが高まります。

無視されたら裁判を起こせばいいのではないかと思われるかもしれません。しかし、裁判を起こす際に裁判所に支払う手数料は、請求額に比例して増えますので、相場からすると到底認められないような請求額と請求する側が負担する手数料が無駄になってしまうこともあります。また、一般的には、あまりに高額の慰謝料は脅迫的ともとられかねず、裁判所の心証もあまり良いものではありません。

 

弁護士に依頼いただいた場合の決め方

実際に弁護士にご依頼いただいて、弁護士が相手に慰謝料請求の交渉をする場合には、弁護士がご依頼者様の事情を細かくお伺いし、個々の事情にあわせて妥当と思われる請求額を面談の際にご依頼者様に提案いたします。

その上で、正式に交渉の代行をご依頼いただける場合には、ご依頼者様とも相談しつつ、最終的に相手に請求する金額を決定するという流れになります。

当事務所の方針は、大規模な事務所にありがちな大量の事件を画一的に処理するというものではなく、ご依頼者様の事情や気持ちを最大限くみ取ったオーダーメイドの解決を提案することにあります。

このため、弁護士が勝手に決めて進めるということはなくご依頼者様にとってもっとも良い解決となるようなご提案をさせていただければと考えております。是非お気軽にご事情をお聞かせくださいませ。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー