請求できる慰謝料が高額になるケース

不倫慰謝料を請求する場合に気になることの一つは、自分のケースでどの程度の慰謝料額となるかということではないでしょうか。不倫慰謝料請求をする方は必ずしも金銭を得ることが目的ではないことが多いのですが、高額の慰謝料が認められることは相手に対するペナルティとしての意味もあるため、慰謝料の金額はそれなりに重要です。そこで、不倫(不貞)や浮気による慰謝料の金額が高額となるケースについて説明します。

 

不倫や不貞の慰謝料が高額となる事情

不倫や不貞の慰謝料請求が裁判所で争われた場合、最終的に裁判所が認める金額は100万円弱から300万円程度と大きな開きがあります。このように慰謝料額の開きがあるのは、慰謝料を増額又は減額させる事情があり、個々の事情に応じて慰謝料額が変わるためです。

不倫慰謝料の金額が高額となる事情としては、以下のようなものがあります。

  • 不倫が原因で夫婦関係が破綻し離婚に至った
  • 不倫相手との交際期間が長く、会っていた回数も多い
  • 一度不倫が発覚して不倫関係を断つと約束したのに不倫関係を継続した
  • 不倫相手が夫の子を妊娠した

基本的には、不倫の悪質性や不倫が夫婦生活の平穏に与えた影響の程度に応じて慰謝料額が増額されるイメージです。

 

弁護士に依頼すると慰謝料は高額になるか

弁護士に依頼した場合には慰謝料が高額になるという期待をされることも多くあります。本来であれば、事実関係が同じであれば、慰謝料の金額は同じとなるはずです。これにもかかわらず、弁護士に依頼した場合に不倫慰謝料の金額が高額になるとすれば、それは次のような理由が考えられます。

 

法的に適切な事実関係の主張や証拠の提出ができる

弁護士が代理で交渉した方が不倫慰謝料額の多くなる理由の一つは、証拠の提出や事実関係の主張を本人が行うより適切にできることが多いためといえます。不倫慰謝料請求においては、請求をする側が自分の主張する慰謝料額を根拠づける証拠の提出をしたり事実関係を主張したりする責任を負います。

このため、慰謝料請求をする側は、過去の裁判例などを分析し、法的な観点から個々のケースに合わせてより適切な主張を組み立てる必要があります。ご本人が不倫慰謝料請求をする場合、主張すれば有利になるはずの事実を指摘できなかったりすることが無いとは言えません。

 

相手の勢いに負けない

不倫慰謝料請求をするご本人の性格にもよりますが、ただでさえ夫や妻が不倫をしていたということで強いショックを受けた状態です。このため、慰謝料請求の相手方が強気で交渉してきた場合には、途中で精神的に疲れてしまい、本来の相場よりも低い金額で示談に応じてしまうことがあり得ます。

一度示談に応じて合意書を作成してしまうと、いくらその合意内容が不利なものであったとしても後から撤回することは非常に難しくなります。後から冷静になって思い返してみると、なぜ低い金額での慰謝料に合意してしまったのだろうと後悔されることは少なくありません。このように相手の勢いに負けて不利な条件で示談に応じないで済むというのも、弁護士に依頼すると高額の慰謝料を勝ち取れる理由の一つといえるでしょう。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー