法外・高額な慰謝料を請求されてお困りの場合

不倫が発覚して慰謝料請求を受ける場合、法外または高額な慰謝料であることがよくあります。もっとも、そもそも不倫慰謝料請求の相場を知っておかないと、自分が受けた慰謝料請求が法外だったり高額すぎるものであるかの判断もつきません。そこで、不倫慰謝料の相場や請求額が法外または高額である場合の対処方法について説明します。

 

不倫慰謝料の相場とは

不倫慰謝料に関しては過去に多くの事例が裁判で争われています。過去の裁判例を分析するとおおよその相場が見えてきます。一般的には、不倫慰謝料は50万円から300万円程度が相場といわれています。もっとも、慰謝料として実際に認められることが多い金額は、100万円程度でしょう。

不倫慰謝料の相場にかなりの開きがあるのは、不倫事件は個別性が強いからにほかなりません。すなわち、ひとことで不倫といっても10年以上も不倫関係が続いているようなケースもあれば、1回だけ酒に酔った勢いで男女の関係になったようなケースもあります。

当然ながら、不倫関係の年数や会った回数、不倫相手との間に子供ができたか、などの事情によって夫婦関係に与える影響は大きく異なるのです。このため、裁判で認められる不倫に慰謝料の金額は大きく異なるのです。

そうはいっても、例えば800万円とか1000万円もの不倫慰謝料を請求されているということであれば、かなり高額かつ法外な請求ということはできるでしょう。

 

高額または法外な不倫慰謝料を請求された場合

高額または法外な慰謝料の請求を受けた場合の対応のポイントを解説します。

 

相手の勢いに負けて高額な慰謝料に同意しない

不倫慰謝料として裁判で認められる相場から大きく離れた高額な慰謝料や法外な慰謝料を請求された場合には、減額交渉をするべきです。特に、不倫慰謝料の請求を受けた本人が交渉をする場合にありがちなのが、相手から「勤務先に伝える」などといった脅しを受けて高額な慰謝料の支払いに合意してしまうケースです。

いくら相場と比較して高額な慰謝料であったとしても、支払う側が同意しているのであれば基本的に有効です。このため、法外な慰謝料であっても一度合意書を作成してしまえば後から覆すことは難しくなってしまうのです。このため、相手との減額交渉を負担に感じる場合には弁護士に交渉を依頼した方が、弁護士費用を考慮したとしても最終的に支払う金額が少なくなることが多いでしょう。

 

高額・法外な慰謝料の減額交渉の進め方

実際に不倫慰謝料請求を受ける場合、法外とまではいわないまでも請求額が相場と比較して高額であることはよくあります。したがって、請求額は基本的に減額の余地があることの方が多いのです。

ただし、減額交渉をする場合には単に「お金がないから減らしてほしい」などというだけでは説得的ではありません。特に、請求する側が弁護士を立てている場合には、訴訟も辞さない考えで請求をしてきている可能性が高いため、減額交渉をする場合には法的な観点から交渉をすることが必須といえます。

法的な観点からの交渉に必要なのは、過去の裁判例を分析して、どのような事情があれば慰謝料が減額されるのかを十分に把握しておくことです。上で例に挙げた、不倫の期間や会った回数などは代表的な減額事由ですが、それ以外にもその事案固有の減額事由というものがあります。減額事由を、事実関係に即して的確に指摘することが減額交渉のポイントとなります。

減額事由を調べるために裁判例を調査することはなかなか一般の方には難しいことが多いと思われます。これに対し、弁護士は裁判例を検索するためのシステムを導入しているので、このような調査が可能なのです。このため、適切な減額事由を指摘しながら効果的な減額交渉ができるのは弁護士に依頼することの一つのメリットといえます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー