請求された慰謝料を減額できるケース

不倫や不貞行為により慰謝料請求を受けたとしても、請求額をすべて相手の言うとおりに支払う必要のないことがほとんどです。そこで、不倫慰謝料を減額できるケースとしてどのような事例があるのかご紹介します。

 

不倫慰謝料には相場がある

不倫慰謝料には、一応の相場というものがあります。一般的には、100~300万円の間になることが多いといえます。この不倫慰謝料の相場は、主に過去に裁判で不倫慰謝料が争われた事案の分析により形成されてきたものです。

ただ、相場といっても100~300万円と開きがあることからもわかるように、個々のケースにより妥当な慰謝料の金額はまちまちです。したがって、相場を気にしすぎることなく自分のケースではどの程度の慰謝料が妥当であるかを検討することが重要です。そして、個別のケースにおける妥当な慰謝料を知るためには、過去の裁判例の比較検討が重要となってきます。

 

不倫慰謝料の減額事由とは

裁判で争われる不倫慰謝料の金額に幅があるのは、ケースごとの事情によって慰謝料の金額が増減するためです。不倫慰謝料の金額を減額させるためには、減額事由が何かを理解しておくことがとても大切です。

不倫慰謝料の減額につながる事由は、例えば以下のとおりです。

  • 自分は最初消極的だったが相手から積極的に誘われた
  • 相手が上司などで断れない関係性から始まった
  • 相手と会った回数が少なく、交際期間も短い
  • 相手から未婚であると嘘をつかれていた
  • 相手の家庭が破綻していた

したがって、不倫慰謝料の請求を受けた場合には、まず慰謝料の減額事由がないかを確認する必要があります。そして、その事実を証明するためのものが用意できるかも重要です。不倫の場合には、相手とのメールやLINEのやりとりが証拠となることが多いため、古いメールなどもさかのぼって関係するやり取りを探します。

 

相場でも支払えそうにない場合はどうするか

不倫慰謝料の相場は100万円から300万円程度であり、それなりに高額です。したがって、仮に相場どおりの金額まで相手との交渉で減額できたとしても、その金額を支払うことが難しい場合もあります。

このように相場どおりの金額でも支払えそうにない場合には、まず分割払いができないか交渉する必要があります。不倫慰謝料請求をしている側は、分割払いだと途中で支払いが滞るリスクがあるため嫌がることが多いのですが、一括払いができないことを収入や資産の状況を丁寧に説明して理解を求めることが大切です。

また、慰謝料請求をしている側としては、一括払いにこだわって、結局一円も回収できなかったということになるよりは分割払いでも全額回収できた方が良いはずです。このことを相手にどう理解してもらうかがポイントとなります。

このほか、請求を受けた側が無職などの事情がある場合には、分割払いでも支払いが難しいことが多いため、そのことを請求している側に理解してもらい、相場より低い金額で交渉を進めることもあります。

もっとも、実際に収入や資産がある場合には、相場より低い金額での交渉は難しいことが多いでしょう。収入があるのに大幅な減額を求めると、相手には不誠実な態度と映りかえって解決を難しくさせてしまうためです。また、過度な減額交渉をすると相手としては裁判を起こした方が得策となってしまうため、示談交渉を打ち切ってくるリスクがあります。請求を受けている側は、裁判になると周囲にバレるおそれもあるため注意が必要です。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー