不倫相手・浮気相手に絶対にしてはいけないこと

不倫をされたとき、不倫相手に対して慰謝料請求をするだけでは気持ちがおさまらないことがよくあります。不倫相手に対して許せない気持ちを抱くのはもっともですが、なかには絶対にしてはならないことがあります。もし、不倫や浮気の相手にしてはならないことをしてしまうと、不倫をされた側が不利になったり損害賠償を請求されてしまうことがあるため注意が必要です。そこで、不倫相手や浮気相手に対して、してはいけないことを説明します。

 

不倫相手の職場への連絡

不倫をした配偶者と不倫相手の出会いが職場である場合によくあるのですが、不倫相手の勤務先に怒鳴り込んだり、不倫相手の上司に不倫をしている事実を伝えたりしたいと考えることがあるかもしれません。

しかし、不倫の事実は通常職場などには知られたくないものであるため、職場に連絡するということが脅迫であると不倫相手から訴えられる可能性があります。また、実際に職場への連絡がきっかけで、勤務先に不倫がバレて退職を余儀なくされたような場合には、不倫相手から損害賠償請求を受けるリスクもあります。

とはいえ、不倫をした配偶者と不倫相手の出会いが職場である場合には、いずれ復縁するのではないか心配になるのも無理はありません。このような場合、示談交渉の中で、不倫相手か配偶者のいずれかに転職の意思があるかなどを確認することはできます。また、転職が難しい場合でも、復縁したような場合には違約金を支払うことなどを約束してもらうことにより一定の抑止力が期待できます。

なお、単に不倫相手の住所がわからない場合にやむを得ず職場に手紙を送るということは、それほど大きな問題とはなりません。ただし、この場合でも、不倫相手にだけ届くように相手の氏名を明記し、また内容がわかるような送り方をしないように配慮した方がよいでしょう。

 

相手が弁護士を立てた後の直接連絡

相手が弁護士を立てる前は、当然ながら不倫相手本人に連絡をとり交渉をすることになります。ただし、相手が弁護士を立てた後は、相手の弁護士から本人への直接連絡を禁止されることが通常です。このような申し入れを相手の弁護士から受けた場合には、不倫相手本人の連絡先を知っていたとしても、直接の連絡は控える必要があります。

 

不倫相手の親などへの連絡

不倫相手が誠実な対応をしてくれない場合には、不倫相手の親に連絡したいと考えることもあるかもしれません。しかし、不倫相手が未成年である場合はともかく、成人であれば本人の不倫による責任を負うのは本人だけであり、親は責任を負う立場にありません。本人に無断で親に対して不倫をした事実を伝えてしまうと、職場に連絡した場合と同じように不倫相手から損害賠償請求を受けることもありますので注意が必要です。

 

不倫相手への対応に悩む場合には相談を

不倫相手に対して、どのような対応をすべきか、またどのような対応をすると不利になるかは、なかなかわかりにくいものです。インターネット上にあふれている体験談なども必ずしも正しいものとは限りません。不倫をされた側がリスクを負うことにならないようにするためにも、不倫相手への対応に悩みがある場合にはまず弁護士にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー