不倫・浮気相手からのよくある反論

不倫慰謝料請求をした場合、たいていは相手からの反論があります。反論への対応を考えておくためにも、事前にどのような反論が想定されるかを知っておくとよいでしょう。そこで、以下では、不倫慰謝料請求をした場合に、浮気相手から出てくる反論のパターンをご紹介します。

 

不倫慰謝料請求における反論のパターン

不倫慰謝料請求を受けた場合、想定される相手の反論にはいくつかパターンがあります。以下では、出現する頻度の高い反論から順に説明します。

 

不貞行為にあたらないとの反論

不倫慰謝料請求が認められるためには、法的には「不貞行為」にあたる必要があります。そもそも、民法上、夫婦には他の異性と性的関係を持たないという貞操義務があります。この貞操義務に違反する行為が「不貞行為」です。したがって、「不貞行為」であるといえるためには、配偶者が他の異性との間で性的関係(肉体関係)をもったといえなければなりません。

このため、不倫慰謝料請求をした場合には、相手から「悩みを相談していただけで性的関係は持っていない」などと反論されることがよくあります。このような反論が出てきた場合には、不倫慰謝料請求をする側がどの程度の証拠を持っているかがカギとなります。

例えば、探偵に依頼して配偶者と不倫相手が相手の自宅やラブホテルなどに入室した瞬間の写真などがあれば、性的関係を持ったことが強く推認されますので強力な証拠となります。

このほか、配偶者と浮気相手とのメッセージのやり取りの中で、性的関係を匂わせるようなメッセージや頻繁に相手の自宅やホテルに行っていることを前提としたメッセージがある場合には、これを写真(写メ)に撮ったものも重要な証拠となります。

 

既婚者であると知らなかったという反論

これも意外とよくあるのですが、不倫相手から「既婚者であると知らなかった」との反論が出てくることがあります。そして、本当に配偶者が自分は独身であると偽って、相手と付き合っていたということがあるのです。

このような反論が出てきた場合には、不倫相手は本当に配偶者が既婚であると知らなかったのかをよく見極める必要があります。具体的には、どのような証拠を相手が用意できるのかを確認すべきです。

不倫相手から、配偶者が「自分は独身だ」とするメッセージを見せられたり、配偶者が不倫相手と結婚式場の下見をしたり実際に予約をしているような場合には、100%ではないですが本当に配偶者が独身であると嘘をついていたことがあります。仮に、そうである場合には、不倫相手が嘘をついた配偶者に慰謝料請求をしてくる可能性もあります。

もっとも、この反論に関してはよほど決定的な証拠がない限りは、示談交渉の中で簡単に受け入れるべきではないと考えています。不倫慰謝料請求をされるご本人の意向にもよりますが、弁護士にご依頼いただく場合には、「独身である」と信じていたことが確実な状況ではない限り、相手の反論を受け入れず当初の慰謝料請求を進める方針をおすすめすることが割合的には多いといえます。

 

夫婦関係が破綻していたとの反論

不倫慰謝料請求は、不貞行為があればできるのが原則です。ただし、例外として夫婦関係が破綻していた場合には、守るべき利益がないとして、慰謝料請求が認められないことがあります。

ただし、裁判例で夫婦関係が破綻していたことを理由として不倫慰謝料請求が認められなかったのは、既に夫婦が別居しており離婚調停などの手続が進んでいたような場合に限定されています。

したがって、仮に夫婦仲が悪くて喧嘩のなかで「離婚する!」といった言葉が出ていただけでは夫婦関係が破綻していたとは認められないことが通常です。このため、離婚手続が現実に進んでいたとの事情がないにもかかわらず、不倫相手が配偶者から「妻とは別れるつもりだ」といわれた言葉を安易に信じたというだけでは不倫慰謝料を免れることはできません。

 

弁護士に依頼した方が良い場合

相手からの反論が想定される場合には、これに対して適切な回答をすることが重要となります。回答の内容は、示談交渉が決裂して裁判となる場合に備えて行う必要があります。示談交渉の中で、不倫慰謝料請求をする側に不利なことをつい口にしてしまうと、裁判で不利な証拠として利用されることもあります。また、裁判となる可能性が高い場合には、示談交渉の中でこちらが持っている証拠を開示しない方が良いこともあります。

このような判断は、裁判での戦い方を熟知している弁護士に依頼した方が安心です。このため、相手が不倫慰謝料請求に対して争ってくることが予想される場合には、示談交渉にのぞむ前に弁護士に相談されることをおすすめします。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー