不倫・不貞の証拠になるもの

実際に不倫や不貞により相手に慰謝料請求をする場合、どの程度の証拠をそろえる必要があるのでしょうか。まったく証拠がない場合には、そもそも裁判をすることができないため、相手は示談にも応じてこない可能性が高いといえます。

 

典型的な不倫の証拠

不倫慰謝料を請求するために、あると強い典型的な証拠というものがあります。

 

興信所(探偵)による報告書

もっともよく見る不倫慰謝料請求の証拠は、探偵事務所(興信所)による調査報告書です。浮気調査などともいわれますが、探偵が不倫をしている疑いのある配偶者や不倫相手を尾行し、不倫相手の身元を割り出すとともに、配偶者と不倫相手が一緒にいるところの写真等を撮影するものです。

特に、相手の自宅に宿泊したとか、ラブホテルに一緒に入室する写真があれば、性的関係を持っていることが強く推認されますので、強い証拠となり得ます。もっとも、探偵事務所の場合には、尾行などにかかった時間に応じて費用が請求されることが通常であり、最終的に思ったような写真が撮れなかったとしても、相当高額の費用が発生することに注意しておく必要があります。

 

相手が不倫を認めた書面や録音

不倫が発覚して配偶者を問い詰めると、不倫や浮気を認めることがあります。このため、相手と不倫に関して話をする際には録音をしておくことを強くおすすめします。また、録音が無い場合でも、不倫をしたことを紙に書いてもらったりメールなどで送ってもらうことも有効な手段です。

このような証拠は、不倫の当事者がみずから不倫の事実を認めたものであるため、後から不倫をしていないと主張を覆すことを阻止できる非常に有力な証拠です。

 

性的関係を疑わせるメールやLINEなど

不倫(不貞行為)とは、法的には配偶者以外の人と性的関係を持ったことです。したがって、性的な関係を疑わせるようなメールやLINEのやり取りも証拠となり得ます。ホテルなどでの待ち合わせの連絡や性交渉の感想を述べあうようなやり取りがあれば、写真を撮って保存しておくとよいでしょう。

 

利用できる可能性のある証拠

典型的な不倫の証拠が入手できないからといって、不倫慰謝料請求をあきらめる必要はありません。典型的な不倫の証拠ほど強いものではありませんが、不倫をしていたことを推認させる状況証拠のようなものがあります。このようなものがある場合には、ぜひ弁護士にご相談ください。

 

カーナビの走行履歴

意外と盲点なのが、カーナビの走行履歴です。確かに、走行履歴だけでは誰と会っていたかまでは割り出しにくいのですが、休日に同じ場所に何度も行き来している履歴があり、その場所について不倫をされた側がまったく心当たりがないのであれば、それは不倫相手の自宅などである可能性が出てきます。

このカーナビの走行履歴を手掛かりに、探偵事務所に調査を依頼するのも一つの方法ですので、不倫を疑う事情がある場合には、カーナビの走行履歴も確認しておくとよいでしょう。

 

交通系ICカードの履歴

電車での移動が多い配偶者であれば、Suicaなどといった交通系ICカードの履歴が、カーナビの走行履歴と同じように、不倫を証明するための手がかりとなることがあります。

一般的に交通系ICカードは、カード本体さえあれば駅で履歴を取得することができます。ただし、履歴の保存期間が数か月程度に限定されていることもあるため、早めに履歴を確認することをおすすめします。

 

クレジットカードの利用明細・領収書

クレジットカードの利用明細や領収書も不倫慰謝料請求に利用できることがあります。とくに、不倫をされた側の配偶者が知らないホテルや旅館の利用代金の明細や、高級レストランなどの明細が不倫の証拠となることがあります。これだけでは、誰と会っていたかまでは証明できませんが、LINEのメッセージなど他の証拠と組み合わせることで、不倫を証明できる可能性が高まります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー