不倫・不貞の慰謝料を請求したい方へ

不倫・不貞の慰謝料を請求したい方へ夫や妻が不倫をしていることに気付いたら、誰もが怒りや悔しさを感じることでしょう。そのような場合に不倫をした配偶者や不倫相手に対して慰謝料請求を検討する方も多くいらっしゃいます。不倫をされた悔しさはお金で代えられるものではありませんが、慰謝料請求というかたちで戦うことによって、冷静さを取り戻したり次の道が見えてくることがあります。

そこで、不倫相手や不倫をした夫や妻に対して慰謝料請求を考えている方に向けて、どのような準備が必要か、また弁護士に慰謝料請求を依頼した場合の流れなどについて解説します。

 

不倫慰謝料請求をするための準備

夫や妻が不倫して慰謝料請求をする場合には、証拠を集めることが重要です。そもそも、どのような証拠が必要となるかを説明します。

 

不貞行為を証明する証拠の収集

不倫慰謝料請求が認められるためには、法律上「不貞行為」が行われている必要があります。そもそも、不倫による慰謝料請求が認められるのは、民法上、夫婦に貞操義務があることが前提となっています。

いわゆる不倫とは、この夫婦間の貞操義務に違反する行為である「不貞行為」のことです。そして、夫婦間の貞操義務というのは、他の異性と肉体関係や性交渉を持たないことをいいます。したがって、不貞行為として慰謝料請求が認められるためには、自身の夫や妻が自分以外の異性と肉体関係や性交渉を持ったことを証明できる必要があります。

もっとも、肉体関係を直接証明することは行為の性質上難しいため、実際には肉体関係を持っていたと推測できる証拠を複数積み重ねることによって、不貞行為を証明することになります。

不貞行為を証明する証拠として、もっとも典型的なものは、興信所(探偵事務所)に依頼して得た不倫相手とホテルなどに入室する瞬間の写真です。とくに、ラブホテルは性交渉をすることを目的とした施設であるため、ラブホテルに入室する瞬間の写真が撮れれば非常に有力な証拠となります。

このほか、不倫相手と宿泊を伴う旅行をした写真とか、相手の自宅に2人で入った写真なども不貞行為を証明する証拠として利用できることがあります。また、不倫相手とのLINEやメールのやりとりは内容によっては不倫を証明する証拠となり得ます。

例えば、肉体関係を持ったことを前提とするような性的な内容のメッセージや親密な関係であることを匂わせるようなメッセージなどは、証拠となることがありますので、このようなやりとりを見つけた場合にはすぐに写真を撮るなどして証拠を取っておくことが重要です。

 

不貞行為があっても慰謝料請求できない場合

不倫相手との間に肉体関係や性交渉があった可能性が高く、またそれを証明する証拠がある場合でも、慰謝料請求ができない場合があります。比較的有名なのは、時効の成立と婚姻関係の破綻です。

 

  • 時効の成立

不倫による慰謝料請求には時効がありますので、時効が成立するまでの期間内に請求を行う必要があります。時効の期間は、原則として不倫されていた事実及び不倫相手が誰であるかを知ってから3年です。また、不倫が原因で離婚した場合には、離婚したこと自体の慰謝料を請求できますが、この場合には離婚から3年間で時効が成立します。

時効が成立していて不倫慰謝料が請求できない事例はそこまで多くはありません。ただし、長年不倫をしていることは知りつつ黙認していたが、離婚したい事情ができたので離婚と同時に過去の不倫について慰謝料を請求したいというような場合には、時効期間が過ぎていないかをよく確認する必要があるため、弁護士に一度ご相談ください。

 

  • 婚姻関係の破綻

不倫が始まった時点で、そもそも夫婦としての関係性(婚姻関係)が破綻していた場合には、夫婦として保護すべき利益がないため不倫慰謝料請求が認められないことがあります。

もっとも、ここでいう婚姻関係の破綻とは、すでに別居して離婚調停や離婚訴訟を行っているようなケースを指しています。したがって、単に夫婦仲が悪く喧嘩の度に離婚の話が出ているといった程度では婚姻関係の破綻と認められないことが多いといえます。

 

不倫慰謝料請求をする前に考えておくこと

不倫慰謝料請求をする前に考えておくべきことは、離婚を希望するか否かということです。不倫をした夫や妻のことを信頼できないと考えるのであれば、離婚も選択肢の一つとなります。一般的には、不倫が原因で離婚に至った場合には離婚をしない場合と比較して慰謝料の金額が高くなります。したがって、離婚を考えているかそうでないかで請求すべき慰謝料額にも違いが出てきます。

また、離婚をする場合には、不倫相手だけでなく不倫をした夫や妻に対しても不倫慰謝料の請求を行うことになります。この場合の慰謝料請求に関しては、離婚に関する手続の中で一緒に話し合われることになります。

なお、当事務所では、不倫慰謝料の請求と同時に離婚をする場合には、離婚の交渉も含めて手続をお受けしております。この場合の弁護士費用については、お問い合わせください(不倫慰謝料請求と離婚請求を別個に依頼する場合の金額よりも、一括で依頼する金額の方が安価になるようにお見積りいたします)。

 

弁護士に不倫慰謝料請求を依頼した場合の流れ

不倫慰謝料請求は、不倫をされたご本人が自分で請求を行うこともできます。ただ、不倫慰謝料請求の場合にはお互いに感情的に激しく対立することがよくあります。不倫をされた側はただでさえショックを受けて精神的に疲弊していますので、そのような精神状態の中で不倫相手などとやりとりをすることは非常に大きな負担となることが多いようです。

このため、不倫慰謝料請求の手続きについては弁護士に一任するケースが多いのが実情です。また、弁護士を立てて交渉すると不倫相手としては、きちんと対応しなければ裁判をされると感じることが多いためか、本人が直接交渉するよりも有利な条件で示談できる可能性が高まります。

不倫慰謝料請求については、不倫をされた側が証拠を持っている場合には相当額の慰謝料が認められることが通常ですので、弁護士費用を差し引いたとしても黒字になることが多いといえます。特に、当事務所では、弁護士費用のうち、獲得額にかかわらず必ず支払わなければならない着手金をあえて少なく抑えることで、ご依頼者様が獲得できる不倫慰謝料の金額を弁護士費用が上回ることがほとんど発生しないよう配慮しております。

弁護士に不倫慰謝料の請求を依頼された場合、弁護士は証拠を精査した上でご依頼者様とも協議しつつ請求する慰謝料額を決定します。その後、すぐに弁護士名で相手に内容証明郵便などを用いて慰謝料請求を行います。相手の反応次第ですが、相手との交渉を重ねて双方が合意に達した場合には、合意書を作成します。合意書に従って、相手が慰謝料の支払いを完了したら手続は終了となります。

なお、相手によっては交渉にまったく応じないという可能性がゼロではありません。このような相手であった場合には、ご依頼者様と相談した上で示談交渉を打ち切り、裁判を起こすことを提案させていただくことがあります。

当事務所では、ご相談者様の意向を最大限実現することを方針としております。大量の事件を形式的に処理するような方法は採用しておりませんので、お気持ちやご希望を何なりとお聞かせいただければと思います。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー