不倫・不貞の慰謝料請求をされた方へ

不倫・不貞の慰謝料請求をされた方へ不倫(不貞行為)を理由として相手の夫や妻から不倫慰謝料請求をされた場合、多くの方は職場や家族にバレてしまうのではないか、法外な慰謝料請求に応じないといけないのではないか、非常に深く悩まれます。不倫や不貞で慰謝料請求をされた場合に、どのような心構えで取り組めばよいか、また当事務所の弁護士がどのように不倫慰謝料請求を受けた方の事件に取り組んでいるかをご紹介します。

 

不倫(不貞)で慰謝料請求を受けたときの心構え

不倫や不貞による慰謝料請求を受けた場合に特に気を付けたいのが、相手の言う通りの示談に応じてしまうことです。相手が弁護士を立てているような場合や相手の態度が感情的である場合、請求に応じないと大変なことになるのではないかと不安に思われるのはもっともです。

ただ、相手が請求している慰謝料額は実際に裁判で争った場合に裁判所で認められる相場より高額であることも少なくありません。場合によっては、相場より数百万円も高いことがあります。

それだけでなく、裁判では不倫(不貞行為)と認められないような関係であるにもかかわらず、不倫であるとして慰謝料を請求していることすらあるのです。

このため、不倫による慰謝料請求を受けた場合には、すぐに相手に対して回答をせずにそもそも慰謝料を支払うべき場合なのか、また支払うとしても相場はいくらかなどを十分に検討してから回答することが大切です。

 

当事務所の取り組み

不倫慰謝料の請求を受けた場合に必要なのは、相手の持っている証拠や事実関係など個々の事情を見極めて、慰謝料を支払うべき場合であるかを判断することです。また、慰謝料を支払わざるを得ないとしても、その金額はどの程度が妥当であるかも検討する必要があります。

これらの検討は、過去に出された膨大な裁判例の分析によって可能となります。当事務所では、不倫慰謝料請求への対応に積極的に取り組む中で、不倫慰謝料について争われたさまざまなケースについての裁判例を研究しています。このため、ご相談者ごとの事情に応じたオーダーメイドの解決をご提案することができます。

慰謝料請求への対応は、徹底的に争った方がご相談者にとって良いこともあれば、ある程度認めたうえで早期に解決した方が良いこともあります。このあたりの判断は、弁護士の腕の見せ所といえます。当事務所では、単に法律上の話で形式的に判断するのではなく、ご相談者様の真の望みが何であるのかを一緒に考え、ご相談者様にとって最も満足のいく解決を目指すことを強みとしております。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー