ダブル不倫で慰謝料を請求するときの注意点

不倫相手も既婚者である場合には、ダブル不倫(W不倫)などと呼ばれることがあります。ダブル不倫の場合には、双方が離婚を望んでいないことも多くあります。また、不倫相手の側にも被害者がいる点で、不倫相手が独身である場合よりも複雑になりがちです。そこで、ダブル不倫で慰謝料請求をする場合の注意点について説明します。

 

ダブル不倫の場合の慰謝料請求

不倫に気付き慰謝料請求を考えている方をAさんとします。Aさんの配偶者で不倫をした当事者をXとします。また、不倫相手をYとします。そして、不倫相手の配偶者をBとします。ダブル不倫の場合には、A=X-(不倫)-Y=B という図式になります。

Aさんが不倫慰謝料請求のできる相手は、XとYです。この点は、不倫相手が独身である場合と変わりません。ダブル不倫特有の問題は、不倫相手の配偶者であるBが自身の配偶者であるXに対して慰謝料請求をしてくる可能性があることです。

 

不倫相手の配偶者から慰謝料請求を受けた場合のリスク

例えば、AさんがYに200万円の慰謝料請求をした場合、BもまたXに対して200万円の慰謝料請求をすることができます。AさんとXの財布が別であれば、Xが200万円をBに支払えばよいのですが、AさんとXの家計の財布が一緒である場合には、Aさんも実質的にBに対する慰謝料分を負担する結果となります。

そうすると、AさんがYから200万円の慰謝料を受け取ったとしても、お互いに同額を支払い合うような関係となりますので、結局Aさんは経済的利益を手にすることができないリスクがあります。このようなリスクを避けるためには、不倫相手の配偶者であるBには不倫の事実が伝わらないように配慮することも一つの方法です。

 

ダブル不倫の場合は特に慎重に対応を

ダブル不倫の場合には、不倫をされた側が経済的利益を得ることが困難になるリスクがあります。これは、夫婦間の家計管理がどのようになっているかということにも密接にかかわりあいますので、個々の事情によって対応方法は異なります。

このようにダブル不倫で慰謝料請求をする場合には、不倫相手が独身である場合よりも注意すべき点が多くあります。したがって、不倫されたことが判明した場合には、不倫相手に対してアクションを取る前に対応方法を弁護士に相談しておいた方が良いでしょう。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー