ダブル不倫で慰謝料を請求された方

不倫関係にある2人がいずれも既婚者である不倫も最近増えているようです。このような不倫をダブル不倫などということがあります。ダブル不倫で慰謝料を請求された場合には、不倫関係の一方が独身である場合と比べて、双方の家族を巻き込むことになる可能性が高いため、特に注意が必要です。

 

ダブル不倫で慰謝料を請求されたら?

まず、ダブル不倫の場合でも、不倫をされた配偶者が不倫相手や不倫をした配偶者に対して慰謝料請求ができることは、片方が独身である不倫と同じです。ただし、双方に家族があることから、以下で説明するような特有のリスクがあります。

 

自分か相手が離婚になる可能性がある

独身の人が不倫慰謝料請求を受ける場合と異なり、ダブル不倫の場合には不倫関係にある2人のいずれも離婚になる可能性を考えておく必要があります。不倫は、法律上は「不貞行為」と呼ばれ、不倫をした側が離婚を望まなくても裁判で離婚が認められる事由の一つとなっています。

したがって、不倫をされた配偶者が離婚を強く望めば離婚につながる可能性は非常に高くなります。このため、ダブル不倫で慰謝料請求を受けた場合には、離婚を受け入れるのか修復したいのかを先によく考えておく必要があります。それによって、対応方針にも多少の違いがあるためです。

 

自分の家族にも不倫がバレることのリスク

ダブル不倫で相手の配偶者から慰謝料請求を受けた時点では、まだ自分の家族は不倫を知らないこともあります。この場合、上で説明したこととも関係しますが、自分自身が離婚しても仕方ないと考えているのか、離婚は絶対に避けたいと考えているのかで対応が異なることがあります。

一般的に、不倫慰謝料の減額交渉に相手がまったく応じる気配がない場合、裁判となることが多いのですが、裁判になると裁判所からの書面が自宅に届いたり、仕事を休んで対応しなければならず、これがきっかけで家族に不倫がバレるリスクがあります。

このようなリスクを避けたい場合には、弁護士に対応を依頼した方がよいでしょう。弁護士に依頼した場合には、相手から本人に直接連絡しないよう伝えることになるため、基本的に書面などは本人に届かないようになります。

 

お互いの家族から慰謝料請求をし合うことも

ダブル不倫の慰謝料請求で特徴的なのは、お互いの家族から不倫相手に対して慰謝料請求がされる可能性があることです。この場合、不倫をしていた2人がそれぞれ負担する慰謝料額が同額だとすると、家族単位でみた場合にはプラマイゼロとなることがあります。

もっとも、実際には不倫に至る事情や双方の関係性によっては、双方の慰謝料額が異なることも多いでしょう。この場合は、経済的に見ると差額のみが慰謝料額をより多く認められた家族に移転することとなります。

 

ダブル不倫で弁護士に依頼するメリット

ダブル不倫で慰謝料請求をされた場合には、上で説明したように自身の家族にバレて離婚につながる可能性があるなど、不倫関係の片方が独身である場合と比較して慎重に進めなければならないケースが多くあります。

不倫慰謝料の事案はただでさえ、相手が感情的になっていることが多く、本人が交渉をしようとしてもうまく進められない可能性が高いものです。したがって、慎重に交渉を進めるべきダブル不倫の場合にはなおさら弁護士を代理人として交渉を任せる方が安心といえます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0344002845電話番号リンク 問い合わせバナー